岩城造園はお庭づくりを通じて豊かな暮らしをご提案いたします。
このページのトップへ
ホーム » 施工例 » 施工事例 » 函南町 南箱根ダイヤランド ウットデッキのリメイク 

函南町 南箱根ダイヤランド ウットデッキのリメイク 

RIMG0424
10年前に施工させていただきましたウットデッキのメンテナンスを兼ねてリメイクさせていただきました。
床板に使用しているウットデッキ材は、「セランガンバツ」という東南アジア地方に生育するフタバガキ科の広葉樹です。耐久性、強度に優れウットデッキに適した硬質木材です。


IMGP0063
IMGP0061
既存のウッドデッキ用鋼製束(こうせいつか)をそのまま使用し、床板を支える役目の根太(ねだ)、基礎部分と床板の断面を隠す役目の幕板(まくいた)を新規に設置しました。これらは、加工が容易なツーバイ材を使用しました。防腐剤注入済ですが、防腐・防虫のためペンキを2回塗りました。さらに、根太は床板の下に隠れてしまうので、建物に使う防水テープを貼り、木材を保護しました。これで床板貼り前の準備完了です。



床板 セランカンバツの再利用
RIMG0400
床板を貼りました。このセランカンバツは硬質木材のため、ビス(ネジ)を無理にねじ込もうとすると頭部分がねじ切れてしまします。そのため予め穴を開けてビス(ネジ)の頭部分が入るよう皿取り加工をします。

RIMG0408
既存のビス(ネジ)穴位置が合うものはそのまま使用し、位置が合わない箇所はウッドパテで埋めました。

RIMG0409
一連の作業を、窓際から見守っていてくれていました。
ゆったり上り下りできる階段の設置
RIMG0407
新規ウットデッキを既存のサイズよりひとまわり小さくして、その分を階段スペースにあてました。階段の1段の高さ=蹴上げ(けあげ)寸法は変えず、足がのる面=踏面(ふみづら)を広くとり、庭への出入りをゆったりスムーズにできるように設計しました。鋼製束(こうせいつか)の上に、ツーバイ材の根太(ねだ)を設置し踏面は再利用のセランカンバツ材を使用しています。


仕上げ〜防腐・防虫ステイン塗布〜
RIMG0415
RIMG0413
硬質木材ですが色は褪せてしまいます。防腐・防虫剤入りのペンキを2回塗って仕上げました。色はチークです。

できあがり
RIMG0426
既存のテーブルと椅子にも同色チークカラーを塗りテラスに設置しました。
お気に入りの庭を見ながら会話が弾みそうです。



RIMG0418
                        のらねこちゃんも駆けつけてくれました。

Contact
TEL 055-974-1919
所在地/連絡先

〒419-0104
静岡県田方郡函南町畑393
TEL:055-974-1919
FAX:055-974-2601


エクステリア&ガーデン施工可能エリア

静岡県全域、神奈川県全域、東京都全域、埼玉県南部。 
その他の地域にお住まいの方も、お気軽にご相談ください。
交通事情により、施工可能の場合がございます。